LIFE ACADEMIC

ANIME

  • 東京マグニチュード8.0

    東京マグニチュード8.0

     舞台は東京。中学1年生の未来と弟の悠貴は、ロボット展を見にお台場まで来ていたが、その時、突然マグニチュード8.0の大地震が東京に襲いかかる。果たして二人は無事世田谷にある自宅に帰ることができるのか。

     「東京マグニチュード8.0」はあくまで設定上の話だが、その内容は何ともリアルで、被災した時の状況や心境についていろいろと考えさせてくれる作品。そして家族愛に気づかされる。

    東京マグニチュード8.0

  • Angel Beats!

    Angel Beats!

     舞台は死後の世界。なんらかの理由で最後を遂げた少年音無は、理不尽な人生を強いた神に対して復讐する少年少女とそのリーダーゆりに出会う。音無は、彼らと共に神と戦う道を選ぶことにしたのだが…。

     この作品、初回から数話までは正直ストーリー展開についていけなかったが、回を追うにつれてその内容がわかり面白くなってくる。OPの「My Soul, Your Beats!」は名曲。

    Angel Beats!

  • のんのんびより

    のんのんびより

    全校生徒たった5人の旭丘分校の山里でまったり過ごす少女たち。山菜を採ったり、お花見したり、お魚も釣ってみちゃったり・・・。そんな穏やかで何気ないけれど、笑えて、ほろっと心があたたかくなるやさしい時間が再びはじまります。

     のんのんびよりは、淡々と彼女小中学性の日常を描くストーリー。見てると気持ちがほわっと和んできます。

    のんのんびより

  • 四月は君の嘘

    四月は君の嘘

     母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった天才少年・有馬公生。モノクロームだった彼の日常は、一人のヴァイオリニストとの出会いから色付き始める。傍若無人、喧嘩上等、でも個性あふれる演奏家・宮園かをり少女に魅せられた公生は、自分の足で14歳の今を走り始める。

    音楽がテーマの作品。天才少年・有馬公生と演奏家・宮園かをりのコンビが何とも見事に素晴らしい。ピアノを勉強したくなります。

    四月は君の嘘

  • 四畳半神話体系

    四畳半神話体系

     「大学三回生の春までの二年間、実益のあることなど何一つ していないことを断言しておこう」 〝薔薇色のキャンパスライフ〟を夢見る、誇り高き三回生の「私」。しかし現実はほど遠く、実り少ない二年間が過ぎようとしていた。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。 いっそのこと、ぴかぴかの一回生に戻って大学生活をやり直したい!

    個性際立つキャラクター小津・明石さん、そして私。。。ドタバタしつつも、こんな学生生活こそ青春だ、と思ってします。

    四畳半神話体系

  • とある魔術の禁書目録

    とある魔術の禁書目録

     総人口230万人の約8割が学生という『学園都市』と呼ばれる場所で、住民である生徒達は超能力を開発する特殊なカリキュラムが組まれていた。その生徒の一人である高校生、上条当麻の評価は落第寸前の無能力(レベル0)。なぜなら彼の右手には、“異能の力ならなんでも打ち消す”謎の力が宿っていたからだ。そして彼はこの右手のおかげで、“神のご加護”まで打ち消し、常に不幸な人生を送っていた。そんなある日、上条の部屋に純白のシスターがいきなり空から降ってきた。そして、その少女はこう言った。自分は“魔術”の世界から逃げてきた──と。

    超能力系アニメは数多あるが、とある作品はその中でもかなりの一押し。超能力系が好きな方にオススメです。

    とある魔術の禁書目録

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃に

     昭和58年初夏。都会から山奥の寒村・雛見沢に引っ越してきた圭一は、学校のクラスメートであるレナや魅音、沙都子、梨花といった面々と楽しい日常を過ごしていた。そんな中、圭一は毎年6月に行われる祭「綿流し」の日に連続怪死事件が起きていることを知る。その日を境に、圭一の周りが少しづつ変わり始める…。

    いわゆるホラー系アニメ。かわいいキャラクターの登場に見合わせず、その恐怖度は貞子や呪怨に劣らないぐらいスリル満載。

    ひぐらしのなく頃に