LIFE ACADEMIC

NEWS

【未経験・初学者歓迎】プログラミング学習入門&体験講座 開講!

「プログラミングを学んでみたい!」という方のご相談を多数受けたのをきっかけに、ストアカで「【未経験・初学者歓迎】プログラミング学習入門&体験講座」を開講しました。ご興味のある方は、是非一度下記のリンクから覗いてみて下さい。

【未経験・初学者歓迎】プログラミング学習入門&体験講座 開講!

 先日、東京都六本木の森美術館で開催されている”パスキア展”に参加して来ました。今回は、そんなバスキア展の魅力をご紹介していきたいと思います!

バスキア展

1. バスキアとは?
 ”バスキア”は、アメリカ出身の画家・ジャン=ミシェル・バスキアの名前です。バスキアは、1980年代に彗星の如く現れ、わずか10年足らずの活動期間に1000点以上の作品を世に残し、”新表現主義”の先駆けとして、美術界に新たなムーブメントを引き起こしました。これは、70年代に席巻したミニマリズムやコンセプチュアル・アートへの反動から、人物像、歴史的・神話的主題などを荒々しい表現主義風の筆致で描くスタイルです(Artpedia参照)。奇しくも、バスキアは27歳の若さで夭逝してしまいましたが、彼のアートスタイルは、ファッション、カルチャーにまで大きな影響を及ぼしました。

ジャン=ミシェル・バスキア

2 . 見所
 バスキア展の目玉は、何といってもZOZO前社長・前澤友作氏所有の作品(無題)でしょう。こちらは、前澤氏がニューヨークのサザビーズオークションで約123億円で落札したとされる作品となります。また、ポップ・アートの先駆けとなるアンディ・ウォーホールとコラボした作品も展示されているので、こちらも同じく展覧会の目玉と言えるでしょう。

3. 最後に
 バスキアの新表現主義という新たなスタイルは、見ているものをあっと言わせるほどの力強さを感じさせてくれました。しかしその分、バスキアのアートは難解さも孕んでいるので、観賞する際は、音声ガイドを使って鑑賞するのがいいかもしれません。作品によっては写真撮影する事も可能です。是非この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

バスキア展

こんばんは!
先日、新宿の日本興亜美術館で開催されている”レオ・レオーニ展”に参加して来たので、簡単にその紹介をしたいと思います。

フレデリック

 まず、レオ・レオニとは、日本では特に”スイミー”で有名なオランダ出身の絵本作家です。読者の方も小学生の時に一度は彼の作品を読んだ事があるのではないでしょうか(”あおくんときいろちゃん”とかねずみの”フレデリック”などなど)。展覧会の中では、レオ・レオニの作品が飾られているのは勿論ですが、その他にも、レオ・レオニが発表してきた絵本や映像作品をその場で見たり読んだりする事ができます。 

レオ・レオニ
画像出典:日本興亜美術館

 そしてさらに、今回のイベントでは、なんと日本にとって馴染み深いであろう絵本”スイミー”の原画まで来日して見る事ができます。展覧会は来週の9/29(日)まで開催されています(残りあと2日!)。興味のある方は、この機会に是非足を運んでみては如何でしょうか?次回は鹿児島の長島美術館で2019年12月7日(土)~2020年1月19日(土)に開催されるそうです!

おまけ(レオ・レオニグッズ)

イベントの紹介です!
現在、東京国立博物館で特別展「三国志」が開催されています。

先日、三国志展に足を運んでみたので、簡単にそのレポートをしたいと思います!

三国志展
東京国立博物館

三国志とは?

 三国志とは、晋の歴史学者・陳寿によってまとめられた中国の歴史書です。時代としては、およそ2世紀末から3世紀末とされていて、国土をめぐる覇権統一の中でも特に勢力を伸ばしていった国(魏・呉・蜀)にスポットを当てた話となっています。

左から呉の孫権、蜀の劉備、魏の曹操

展示内容

 今回の特別展では、絵画・武器・置物・書物など、普段目にする事が出来ない三国志に纏わる歴史物が展示されているのは勿論ですが、中でも、魏の国の君主・曹操が眠る高陵からの出土品は必見です!!特別展では、曹操高陵に見立てた空間を館内に作りあげているので、まさに自分が曹操高陵を巡っているような気分になれます!


その他写真

故事人物図
関羽像
水上戦と矢
天門図棺飾
石絵
横山光輝「三国志」の原画

 私自身、子供の頃から三国志に慣れ親しんでいることもあり、今回の特別展では素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。

 東京国立博物館での展示は再来週の9月16日(月)までなので、三国志好きの方は、是非この機会に足を運んでみてはどうでしょうか?10月1日からは九州国立博物館で開催される予定です。

特別展「三国志」

 以上となりますが、最後に「三国志に興味がある!」という方にオススメの書籍を紹介しておきます。

・三国志(作家:横山光輝)
 三国志展でも原画として展示されていたほど有名な漫画です。小学生の頃、全60巻一気読みしたのは今でもいい思い出です。


・英雄三国志(著者:柴田錬三郎)
 三国志の小説としては、吉川英治さんの「三国志」が有名だと思いますが、柴田錬三郎さんの小説も大変臨場感があってすごく引き込まれます。


・三國無双シリーズ
 コーエーテクモゲームス社が出している、三国志の一騎当千ゲームです。ゲーム仕様のストーリーとなっているので、史実と若干ずれた話とはなってますが、それでも三国志を楽しみながら知るにはうってつけのゲームだと思います。

 先日、ストアカで簡易にHPを制作したい方向けの講座を始めました。一般的なHP制作では、HTML/CSS/Javascriptといったプログラミング言語の習得が必要ですが、WIXというサービスを使えば、より簡単にカスタマイズ性の高いホームページを作る事が可能です。講座では、下記の自作カリキュラムを中心にWIXの操作方法を詳細に教えていきます。
 興味のある方がいましたら、お申し込みをどうぞ!!その他、HP制作やWeb関連の相談をしていただいても大丈夫です!

ストアカ

WIXカリキュラム

先月、TECH::NOTEというテクノロジーメディアに、TECH::CAMP受講生インタビューという趣旨で編集者が取材されました。もしよろしければご覧下さい。

TECH::CAMP受講生インタビュー

本日、本サイト「LIFE ACADEMIC」をリニューアル致しました。 

今後とも宜しくお願い致します。

イベントのご案内です!

    先日、東京都美術館で開催されている「ムンク展」(2018年10月27日〜2019年1月20日)に参加してきたので、簡単にその紹介をしたいと思います。

東京都美術館

1. エドヴァルド・ムンクとは?

    エドヴァルド・ムンク(1863-1944)はノルウェーの画家で、自身の慢性的な精神疾患、遺伝的欠陥、性的自由、宗教的理想など、人間性や死に対して多大な関心を持っていた芸術家で、こうした主題を強烈な色彩や半抽象的なフォルムで女性のヌードやセルフポートレイト形式で表現した画家です。

    また、内面を表現するのに最も説得力のあるポーズを探求しはじめた結果、頭を両手で抱えたり、どこか演劇のステージ上に立つ役者たちのようにオーバーアクションで描かれる点がほかの作家と大きく異なり、「叫び」における頬を両手に当てたポーズは、のちに映画「ホーム・アローン」などで使われており、ポップカルチャーへも大きな影響を与えています。

    ポール・ゴーギャンなど後期印象派からの影響が強く、美術史としては後期印象派時代の象徴主義と表現主義の作家として位置づけられ、その内面不安の表現は、のちにシュルレアリスムやフォーヴィスム、ドイツ表現主義など、その後の新しい世代の表現主義作家に大きな影響を与えており、ノルウェー国内においては最初の象徴主義の作家とされています。(Artpedia参照)

エドヴァルド・ムンク
画像出典:Wikipedia

2. 見どころ

    今回のムンク展の見所は、何と言ってもムンクの代表作「ムンクの叫び(The Scream)」だと思いますが、実はこの絵画、人が叫んでいるのではなく、「自然を貫く果てしない叫び」に耳を塞いでいるのだそうです。

「友人ふたりと道を歩いていた。日が沈んだ。空がにわかに血の色に染まる――そして悲しみの息吹を感じた。僕は立ち止まった。塀にもたれた。なにをするのも億劫。フィヨルドの上にかかる雲から血が滴る。友人は歩き続けたが、僕は胸の傷口が開いたまま、震えながら立ち尽くした。凄まじく大きな叫び声が大地を貫くのを聴いた」(2007年・みすず書房発行「ムンク伝」より)

ムンク展
ムンかの叫び

「叫び」の第一作目は、1893年、ムンクが30歳のときに制作されましたが、ムンクは、幼少期に母親を亡くし、14歳の時には姉も失くしました。体が弱く病気がちだったムンクは、自身の子ども時代を「まくらの時代」と呼び、病人の目にうつる狭い世界を絵に描いていました。
    ムンクの代表作である「叫び」は、まさに、人間の不安が極限に達した一瞬を描いた作品であると言えます。(HUFFPOST『なぜムンクは「叫び」を描いたのか』?参照)

今回の展覧会では、「叫び」も含め、約100点ものムンク作品が展示されています。気になる方は、是非足を運んでみてはどうでしょうか?

おまけ

    ムンク展では、ムンクとコラボした数々のユニークな商品が販売されています。来場の際には、是非購入を検討してみてはどうでしょうか?

湖池屋(ムーチョの叫び)

POKEMON

ムンク空気人形

ムンクグッズ

ムンク × 2

映画のご案内です!

    昨日、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を見に行きましたが、あまりに映画が良かったので簡単に紹介したいと思います。

1. Queenとは?

1. Queenとは?

    Queenは「世界で最も売れたアーティスト」に名を連ね、マイケル・ジャクソンやエアロスミスらとともにロックの殿堂入りを果たしたロックバンドです。メンバーはボーカルのフレディ・マーキュリー、ギターのブライアン・メイ、ドラムのロジャー・テイラー、ベースのジョン・ディーコンで構成されています。

左からフレディ、ジョン、ブライアン、ロジャー

2. 内容

    映画は、ボーカルのフレディ・マーキュリーを中心に、Queenがバンドを再構成するきっかけとなるライヴ・エイド(アフリカ難民救済)のイベントを開催するまでのストーリが描かれています。フレディの葛藤・名曲の誕生・Queenの解散危機など、その波乱万丈な物語は、Queenを全く知らない人でも大変楽しめる内容になってます。そして、最後の20分はもう何と言っても圧巻です!!!!!

    以上、簡単な紹介でしたが、これほどまで映画として完成され感動したのは久しぶりです!この迫力と音源は、劇場だからこそ再現できると思うので、是非興味のある方は足を運んでみてはどうでしょうか?

イベントのご案内です!(美術好きの方)

    現在、上野の森美術館で10月5日から2月3日までフェルメール展が開催されています!
    東京で大規模なフェルメール展が開催されるのは、2012年の「マウリッツハイス美術館展」でフェルメールの傑作「真珠の耳飾りの少女」が来日して以来だと思われますが、先月、こちらの展覧会に行って来たので、簡単に今回のフェルメール展の紹介をしたいと思います。

上野の森美術館

1. フェルメール作品9点が来日

    フェルメールの作品は現在まで35点しか確認されていませんが、今回その内9点が来日します。そして、その作品の中には、読者の方も一度はどこかで見たことであろう有名な「牛乳を注ぐ女」も展示されています。また、その他8点の作品も遠近法や巧みな技法が存分に使われており、まさにフェルメールが「光の魔術師」と呼ばれる所以がわかるでしょう。
    さらに、今回フェルメールの作品をより楽しむ為の展示室「フェルメール・ルーム」が特別にセットされています。

牛乳を注ぐ女
(画像出典:vermeer.jp)

2. 「日時指定制」と「無料音声ガイド」

    フェルメール展に足を運ぶにあたって、混雑を気にされる方がいらっしゃるかと思いますが、 今回フェルメール展は「日時指定入場」となっており、事前予約が必要になっています。
    事前予約をしてチケットを購入すると、当日券より200円安い値段となるので、前もって購入されるのがよいでしょう。
(前売り券:一般・2500円    大学・高校生・1800円    中学・小学生 1000円)

    また、今回「音声ガイド」が無料貸出といっているので、当日ご利用されるのをお勧めします。

次回は何年後に開催されるか分からないほど大規模なフェルメール展、是非この機会に足を運んで優雅なひと時を過ごしてみてはどうでしょうか?