LIFE ACADEMIC

MOVIE

  • 超高速!参勤交代

    超高速!参勤交代

     江戸期、八代将軍・徳川吉宗の時代。1万5千石の小藩・磐城国湯長谷藩に存在するという金山略奪を狙い、江戸幕府が無理難題を吹っ掛ける。「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す! 」。通常ならば、準備に半年、8日はかかる道のり・・・しかも貯えも尽きている。金も時間もない湯長谷藩。参勤交代を果たし、無事に藩を守ることができるのか?!(監督:本木克英)

     老中・松平信祝が藩主である内藤政醇を潰しに掛かるが、再度江戸まで参勤交代する流れはコミカルかつシリアスで、見ていてとても面白い。松平信祝や内藤政醇も実際に実在していた人物で、うまく台本を設定したなあと感じた。

    超高速!参勤交代

  • ヒトラー最後の12日間

    ヒトラー最後の12日間

     1945年4月20日。ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。ヒトラーとその側近たちは、総統官邸の地下要塞に避難していた。もはや敗戦を疑う者はいなかったが、正常な判断力を失ったヒトラーは、わずかに残った軍勢に戦況の挽回を命じ、惨状をさらに悪化させてゆく。(監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル)

     タイトルの通り、ヒトラーの最後の12日間を描いた映画。演技と迫力が素晴らしく、敗北が目前に迫った軍部内の緊張が伝わってくる。勝つ見込みが無いと分かりつつも、戦争を続けるしかない人間の心理状況も見事に描かれている。

    ヒトラー最後の12日間

  • MASK

    MASK

    銀行員スタンリー・イプキスは引っ込み思案。そんな彼でも『マスク』をかぶれば、ゼロからヒーローへと大変身。謎の仮面の力でティナを口説いたり悪者をやっつけたり、普段のスタンリーには不可能なことが何でもできちゃう。そして笑いとドタバタの陰には映画の真のテーマが。マスクがないとスタンリーは、本当にステキにはなれないの?(監督:チャック・ラッセル)

    主演がジム・キャリーという事もあるのだろうか、マスクを被ったスタンリーのオーバーアクションと無敵の強さは今見ても大変面白い。さらに、マスクを被った者の本当の性格が行動に表れるという設定も斬新だ。そして、キャメロン・ディアスの美しさには思わず圧倒されてしまう。

    MASK

1 6 7